タイトル「2017 授業計画書(シラバス)」、フォルダ「2017 授業計画書(シラバス) - 美術学部 - PBL
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   PBLⅠ-76 繊維と人と祈りの形(2017~)  
サブタイトル   
担当教員   辛島 綾  
対象学年   -   開講学期   前期  
単位区分   選択・自由   単位数   1.0 
授業形態    
準備事項    
備考    
授業のねらい 古来日本では祈りの対象に繊維を添えます。そこには日々の暮らしを大切に生きた形があります。
伝統的な祈りの形を学びながら、伝統にとらわれることなく表現する。  
到達目標 日々の暮らしの祈りを、学生自身が考えた形で表現する。  
授業の展開計画
内容
1人と人の関係をつなぐ形「熨斗(のし)について」
熨斗とは何か?熨斗に込められた思いを紹介し、実際に熨斗を折る。
2食にまつわる祈りの形「箸包」「胡麻塩包」
食にまつわる祈りの形を紹介し、伝統的な形を折る。
3手をあわせることから始まる形「注連縄(しめなわ)」
手をあわせる行為から縄が生まれる。多種の素材から縄をつくる。
4神との結界・祓いの形「御幣(ごへい)」「紙垂(しで)」
御幣や紙垂のつくり方を学ぶ。
5赤を染める「天然染料」
祈りの色は生成りを基本とするが、唯一加わるのが赤。
赤について学び、赤を染める。
6花と草木と陰陽説「植物を包む折形」
人と自然との関わりを象徴的に表した形を学ぶ。
7「生きるためにものをつくること」瀬沼×辛島 対談
ガラス作家・瀬沼健太郎とのつくることをテーマにした対談。
8作品構想のミーテイング
9作品構想のプレゼンテーション
10作品制作 ①
11作品制作 ②
12作品制作 ③
13作品制作 ④
14作品制作 ⑤
15講評会
履修上の注意事項 手で成果を積み重ねていくことが大切と考えます。欠席することなく取り組める学生の参加を望みます。  
評価方法 作品・プレゼンテーション・出席状況などを総合的に評価します。  
テキスト なし  
参考文献 授業内で紹介、または研究室で観覧できるようにする。  
Copyright (c) 2004-2011 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.