タイトル「2017 授業計画書(シラバス)」、フォルダ「2017 授業計画書(シラバス) - 美術学部 - PBL
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   PBLⅡ-36 和紙、漉きの研究講座  
サブタイトル   
担当教員   真下 八十雄,千々岩 修  
対象学年   -   開講学期   通年  
単位区分   選択・自由   単位数   2.0 
授業形態   実技  
準備事項    
備考    
授業のねらい 前期:手漉き和紙の技術の習得。様々な素材の混合による材料の研究。
後期:前期で修得した技術と知識を基にした、新しい和紙の創作と探究。    
到達目標 和紙を充分に漉くことが出来ること。その紙を制作作品に活かすこと。    
授業の展開計画 前期

1    ガイダンス 
       紙漉き工房、器材の紹介、漉きの体験

2    講義
       紙漉きについての講義、ファイルの配布、説明

3    紙漉きの基礎①            
4    紙漉きの基礎②
5    紙漉きの基礎③
6    紙漉きの基礎④
       材料の仕込み、漉き、干しの一連の工程を行う。紙漉きの基礎的な技術を学ぶ。(3~6週)

7     材料の研究①
8     材料の研究②
       竹、三椏の仕込み、三椏と楮を用いて混合紙を漉く(7~8週)
    
9     漉き方の研究①  厚物の和紙を漉く(練習)
10  漉き方の研究②  厚物の和紙を漉く(本番)
11  漉き方の研究 ③  薄物の和紙を漉く(練習)
12  漉き方の研究 ④  薄物の和紙を漉く(本番)

13  紙漉きの応用①
14  紙漉きの応用②
        自由に漉く(13~14週)

15  まとめ
        授業のまとめ、漉いた紙をまとめたファイルの提出


後期

1    ガイダンス 
        授業の説明と材料の仕込み

2    素材の研究①            
3    素材の研究②            
4    素材の研究③
5    素材の研究④
6    素材の研究⑤
       楮や三椏といった定番の素材に加え、麻や竹等の繊維を混合しながら新しい紙を作ることを実践する。(2~6週)

7    グループワークガイダンス
       グループに分かれ、それぞれの漉きたい紙について話し合う。

8     グループワーク①      
9     グループワーク②
10  グループワーク③
11  グループワーク④
12  グループワーク⑤
13  グループワーク⑥
14  グループワーク⑦
        授業を通して得た経験を元に、目的に応じた紙を漉く。(8~14週)

15  まとめ
        作品提出    
履修上の注意事項 材料費として3000円程度かかります  
評価方法 授業態度60%、成果物40%    
テキスト なし  
参考文献 なし  
Copyright (c) 2004-2011 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.