タイトル「2017 授業計画書(シラバス)」、フォルダ「2017 授業計画書(シラバス) - 美術学部 - PBL
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   PBLⅡ-10 プレゼンテーション演習  
サブタイトル   
担当教員   野田 尚稔  
対象学年   2年・3年・4年   開講学期   後期  
単位区分   選択・自由   単位数   2.0 
授業形態   演習  
準備事項      
備考    
授業のねらい 様々な公募展、助成団体へ応募するためには、ポートフォリオ等のプレゼンテーション資料の作成が必須となっている。受け手に正確に自分の情報を伝えるために、なにをどのようにプレゼンテーションするかについて学ぶ。
また、本講座の成果物を学外で発表することを目指す。  
到達目標 プレゼンテーション資料の作成を通じて、作品とは違う方法で自分を表現するということについての考察を目標とする。  
授業の展開計画
内容
1プレゼンテーションとは何かⅠ/プレゼンテーションについて
2プレゼンテーションとは何かⅡ/ポートフォリオについて
3自分について記述するⅠ/私のいる位置
4自分について記述するⅡ/歴史のなかの私
5自分について記述するⅢ/私の作品とは何か
6自分について記述するⅣ/ステイトメントについて①
7自分について記述するⅤ/ステイトメントについて②
8ポートフォリオ作成Ⅰ/ポートフォリオの内容
9ポートフォリオ作成Ⅱ/ポートフォリオの制作
10ポートフォリオ作成Ⅲ/ポートフォリオの提出
11アーティスト・ブック制作Ⅰ/ポートフォリオと作品
12アーティスト・ブック制作Ⅱ/ポートフォリオを作品化する
13アーティスト・ブック制作Ⅲ/アーティスト・ブックの発表
14プレゼンテーションⅠ/制作物を通じて考察
15プレゼンテーションⅡ/制作について再考察、レポート提出
履修上の注意事項 パソコン(ワード、イラストレーター等のアプリケーションを含む)、デジタルカメラを持っていると望ましい。  
評価方法 授業参加の態度=40%、成果物=30%、レポート=30%。  
テキスト 必要に応じて講義中に配布する。  
参考文献 特になし。  
Copyright (c) 2004-2011 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.