タイトル「2017 授業計画書(シラバス)」、フォルダ「2017 授業計画書(シラバス) - 美術学部 - PBL
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   PBLⅡ-9 文化演出の現在Ⅰ(展覧会)  
サブタイトル   
担当教員   野田 尚稔  
対象学年   2年・3年・4年   開講学期   前期  
単位区分   選択・自由   単位数   2.0 
授業形態   演習  
準備事項      
備考   初回授業にて選考  
授業のねらい 展覧会の構造を探ることにより、現代における展覧会の意味と様々な展覧会の未来について考察し、実際に自分達の展覧会を企画し実践していく。現場での実務、キャプション、設置の仕方、チラシ版下の作成、広報活動、レセプションの構成について学ぶ。  
到達目標 本講座は単に展覧会を実施したり、あるいは単に展覧会について学習することを目的とするものではない。理論・制作・実施といった様々な諸力がいかに「展覧会」というものを構成するかということについて、実践に基づきつつ考察することを目標とする。  
授業の展開計画
内容
1展覧会の構造Ⅰ/展覧会の理念と基礎的構造・実践の紹介
2展覧会の構造Ⅱ/展覧会の準備
3展覧会の企画Ⅰ/各学生の作品のプレゼンテーション①
4展覧会の企画Ⅱ/各学生の作品のプレゼンテーション②
5展覧会の企画Ⅲ/各学生の作品のプレゼンテーション③
6展覧会の企画Ⅳ/企画案について検討
7展覧会の企画Ⅴ/企画案の決定
8展覧会の構築Ⅰ/広報計画について検討
9展覧会の構築Ⅱ/広報印刷物について検討
10展覧会の構築Ⅲ/広報印刷物の発送、展示構成について検討①
11展覧会の構築Ⅳ/展示構成について検討②
12展覧会の構築Ⅴ/展示構成の決定
13展覧会演習Ⅰ/展覧会の実施
14展覧会演習Ⅱ/展覧会の実施・反省
15展覧会演習Ⅲ/展覧会の総括
履修上の注意事項 他学部の受講者と目標を共有するとともに、展覧会についての理論的かつ実践的な関心と努力が、履修者には求められる。  
評価方法 授業参加の態度=70%、期末レポート=30%。  
テキスト 必要に応じて講義中に配布する。  
参考文献 特になし。  
Copyright (c) 2004-2011 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.